べじさーくる 横浜


クレンズのメソッド


クレンズやファスティングのやり方はいろいろあります。ここでは当店の推奨をご紹介します。もし初めてのクレンズであれば、先ずは1日でやってみてください。数日後(例えば1週間後)にもう1日、自信がついたら2日間連続でやってみるのも良いです。何れにしても無理なクレンズはしないでくださいね。皆さんから頂いたクレンズのフィードバックも参考にしてください。ご質問は店頭でお受けいたします。メールでも可能です。

◆クレンズの前準備
先ずはスケジュールを決めましょう。クレンズする日を決めて下さい。その前日には、新鮮なジュースセットを受取りに行ける日であることも必要です。クレンズ前と後、もちろんクレンズ中に起こる体の変化を記録すると良いです。データを見ることは、モチベーションにもつながりますので是非やってみて下さい。体脂肪が測定できる体重計はありますか?スリーサイズや腕まわりなど測れる巻き尺もあると良いでしょう。クレンズする場所は何処ですか?リラックスできる場所にして下さい。おトイレが近くなるので、いつでも行ける環境でクレンズする必要があります。お仕事中や外出中に実施する場合には事前にチェックしてください。ジュースを持ち歩く場合には、保冷バックや保冷剤も準備して下さい。

◆クレンズを避けたい日
アクティビティがハードになる日、スポーツ、ジム、ヨガ、スパ、ドライブ、仕事など。カロリー消費が高くなりがちな日は避けて下さい。私はデスクワークだから大丈夫、、、と考えがちですが、脳が活動することに体はエネルギーを必要としますから要注意。とにかくリラックスできる環境、クレンズに必要なものに簡単にアクセスできる環境を選んで下さい。もちろん冬場は温かいところで。

◆前日の夜に、クレンズ翌日に、何を食べるか?
準備食、回復食としてプレーンのお粥を推奨します。固形物、食物繊維は絶対に避けてください。とにかく胃腸に負担をかけないものをお召し上がり下さい。準備食は前日の夜8時くらいまでにお召し上がりください。クレンズの効果を上げるためにも、翌朝(クレンズ当日)の朝、胃腸がきれいになっていることを心がけましょう。回復食も大切です。クレンズ中は丸一日何も食べていないわけですから、普通食に戻る前に、胃腸も準備運動が必要です。回復食の後は普通の食事で結構です。クレンズ後は、体はちゃんとした食事(タンパク質、糖質、食物繊維など)を必要としていますから。でも、あまり食べすぎないように。

◆水分補給は大切
クレンズ中の水分補給は必ず行って下さい。その日は食事をとれないので、水分は絶対的に不足します。体には水分が必要です。最低でも水2リットルをジュースと併用してお飲みください。水分といっても、コーヒー、紅茶、お茶など体にとって刺激になるものはダメです。体が冷える場合には白湯でもOkです。

◆ジュースの飲み方
ジュース一本あたり10分ほどかけて、ゆっくり飲んで下さい。水もあわせて飲んで下さい。2〜3時間ごとにジュース1本を飲み、最後のジュースを就寝4時間ほど前に飲み終えるようにして下さい。ジュースを飲む量が、前半や後半に偏らないよう、1日を通してバランス良く、スケジュールを立てて飲んで下さい。

◆ジュースの順番
ジュース各種(ケール、小松菜、ビーツ、キャロット)を飲む順番に指定はありません。

◆データサンプリング
当店で使っているデータシートの記入例です。その時の体や気分の変化も記録しておくと良いです。

データシート記入例(1日).